発展履歴

1993年に設立され、CMCは起業、成長、事業拡大の25年間を経て、2500社員以上のあるベトナムの上位の情報通信技術グループになりました。

現在、CMCの活動は専門家され、他の業界に展開されているが、どんな製造販売及び市場開拓の活動にも情報通信技術が主力となっています。CMCは以下のように各時代の努力及び成長を表す大きなチェックポイントを経験しました。

2016年

  • CMC Telecom:

・IBMベトナムでの MSS サービスを提供する独占パートナーになった

Microsoftとの協力-ベトナムでの MSのクラウディングサービスを提供するレベル1のプロバイダになった

  • CMC SI SG: 顧客250人以上及び国際技術パートナー、13人以上のシニアITプロフェッショナル、7社以上のリーディングITパートナーが参加したCMC SI Saigon Connection Day 2016を開催した
  • CMC SoftはemSVポータルとiVanサービスを開発し、日本のアウトソーシングセンターを設立した

2015年

-CMC技術グループは、ハノイ人民委員会により、「都市の活動で優秀な企業」として表彰されました。

-これにより、CMC は財務省により、「IT業界での代表名パートナー」として表彰されました。

-CMC Telecomは、2連覇に「2014年のベトナムの強力なブランド」 として表彰され、同時にプライベートレンタルチャンネルインターネットサービスグループで、データセンターサービスとデータ伝送サービスのオンラインデータサービスのための 2つの Sao Khue 賞を獲得しました。

-CMC TELECOMはマレーシアの主要な通信会社の一つであるTime dotCom Berhad (TIME)グループと戦略的な投資契約を締結しました。

-CMC TELECOMは始めて、ベトナムインターネット協会理事会に入りました。

-CMC技術グループは、ICT 2015の表彰式で、トップ5に入り、金メダルを獲得しました。それによると:

・CMC技術グループ「2015年のトップ5の情報通信技術企業」を優秀にトップしました。

・CMSコンピュータ有限責任会社 (CMC P&T)は「トップ5のベトナムブランドコンピュータ」及び「ベトナムブランドコンピュータのの金メダル」を獲得しました。

システムインテグレーション責任有限会社 CMC サイゴンは、「システムインテグレーションサービスのトップ5プロバイダ」及び「情報技術のシステムインテグレータの金メダル」を獲得しました。

・CMC通信インフラ株式会社(CMC Telecom)は、「トップのインターネット・通信企業」賞を獲得した唯一の企業でした。

 

-CMC情報通信安心安全株式会社(CMC InfoSec)のCMCウイルス対策ソフトウェア(CMC Internet Security)2015年バージョン「2015年の高品質安全情報製品」賞を獲得しました。

-ダナンにおける「第18回悪意のあるコードの防止に関する国際会議-AVAR 2015年」を成功に開催しました。これは、グロバール規模で、ベトナムで始めての情報安全に関する会議で、主なテーマは「ネットワーク戦争時代-サイバー戦争の時代」でした。このイベントは2015年のトップの IT イベントとして、ICTnewsに選べられました。

-第2回目の「CMC の未来のイノベーション」コンテストを開催しました。

2014年

-2014年の首都の典型的な企業・経営者及び首都のイニシアチブ・クリエイティブ会議で、CMC技術グループは、「活動に優れた成果がある企業」として、表彰され、取締役会会長のHa The Minh氏と総社長のNguyen Trung Chinh氏はハノイの人民委員会により、「2014年の典型的な経営者」として、表彰されました。

- CMSコンピュータ製品は 4回目ハノイ市人民委員会により、首都の主力の工業製品として授与されました。

-CMC技術応用研究所 (CMC Institute of Science and Technology – CSIT)が設立されました。

-CMC TELECOMは、「ベトナムの2013年の強力なブランド」を受賞しました。CMS と CMC TELECOMは、ICT金メダルとトップ 5 CIT ベトナムを受賞しました。

-CMC SI サイゴンは、システムインテグレーションサービスを提供する企業として、トップ5に入り、ベトナム ICT金メダルを獲得しました。

-CMC P&T、12 年連続に、ホーチミン市情報通信協会により、ハードウェア企業としてICT金メダルを獲得しました。

-CMC Softは、ベトナムをリードするトップ30企業として表彰されました。

-CMC InfoSec は公式に「アジア悪意のあるコード研究者-AVAR」により、ベトナムにおけるAVAR 2015年度の会議を開催させられました。

-第1回目の「CMC の未来のイノベーション」コンテストを開催しました。

2013年    

-CMC技術グループは、正式にCMC通信インフラ株式会社(CMC IT )とCMC通信サービス株式会社(CMC Telecom)を合併させ、インターネットインフラストラクチャ分野での唯一であるCMC通信インフラ株式会社(CMC Telecom)を設立しました。

-東南アジアで有名な何百もののブランドを越え、CMC Softと eDocman Plus ソフトウェアは、トップ 20 「ASEAN の有名なブランド」として表彰されました。

- CMC TELECOMはベトナムケーブルテレビ株式会社 (VTVCab) と協力し、VTV netのブランドとサービスを開始しました。

-CMCのウイルス対応ツールはオンラインウイルススキャンウェブサイトであるGoogleのVirus Total上に利用可能になりました。

-CMC InfoSec のセキュリティサービスは、ベトナム情報セキュリティ協会 (VNISA) により、2013年の最も愛されるサービスとして投票されました。

- CMC 技術グループ創立の20週年を記念しました。

2012年

-3 月:生産と流通分野の再構成し、CMC DをCMC P&Tに変名し、CMS のいくつかの営業部門と合併しました。

-4 月:CMC ITは、正式に、ケーブルテレビシステムを介してインターネットサービスを提供しました。

-7 月:CMC Infosec は、正式に、 Android オペレーティングシステムを実行しているモバイルデバイス上でウイルス対策ソフトウェアであるCMC Mobile Security 2013バージョンを開始しました。

-10 月:CMC TELECOMはホーチミン市の高度テクノロジ団地でTier III標準の第2件目のデータセンターをオープンしました。

2011年

-2011年1月12日に、CMC商流株式会社 (CMC Distribution)は正式に Bluefone というベトナムの携帯電話のブランドを紹介しました。

-2011年4月13日に、Segmenta – CMC合弁株式会社は正式にCiber – CMC合弁株式会社(Ciber-CMC)に変名しました。これは、世界の主要な情報技術の一つである米国のCiber Incグループとデンマークの SegmentA/Sとの合併の結果でした。

-2011年5月に、CMC技術グループは実用的で有意義な活動で第18周年を記念しました。

-8 月: システムインテグレーション株式会社 CMC サイゴン (CMC SI Saigon) を設立しました。

-2011年9月19日に、CMC InfoSec は、モバイルウイルス対策ソフトウェアであるCMC Mobile Securityバージョンのベトナム語対応インターフェイスを更新し、2011年9月まで5000回以上のダウンロードされました。

-ダナン支店を開設し、活動して1年間後、通信サービスの提供市場で2位になりました。

2010年

-公式に、ホーチミン市証券取引所で CMG コードとして6350万株以上を上場しました。

-Netnamの 43.8% の株を持ち、その会社の唯一の戦略的投資家になりました。

-4 月: CMC通信インフラ株式会社は正式に、ベトナムで始めて展開されたFTTx-GPON技術に基づくGigaNetサービスを提供し始めました。

-5 月: 不動産の専門家により、ハノイ市の最もスマートビルであるCMC本社ビルをオープンしました。 このビルはタンロン1000周年記念建物で、Aクラスに付け、CMC 技術グループと会員会社の主な業務を行う本社であり、IT 業界の他の企業にもオフィスワークのニーズに応えました。

-2011年1月12日に、ホーチミン市では、CMC技術グループの関連会社であるCMC商流株式会社 (CMC Distribution)は、正式にBluefoneという電話ブランドを開始しました。

2009年

CMCは、計画投資省により、フランスにおけるCMC Blue France有限責任会社の設立投資証明書を付与されました。CMC Blue Franceは、フランスおよび欧州市場に、CMCの製品とサービスを提供し、特にICTアウトソーシングサービス及び作業アウトソーシング (ITO と BPO)でした。

2008年

-CMCはデンマークのSAP製品に関するトップコンサルタントであるSegmentaと連携し、CMC – Segmenta (CMC-Se)合弁会社を設立し、欧州市場でSAPの ERPソリューションをコンサルティング、展開しました。

-CMCは、CMC情報通信安心安全株式会社(CMC InfoSec)を設立し、セキュリティサービスと情報安全の製品を開発・提供することを目的とし、政府、企業及びベトナムのインターネットユーザーのネットワークを保護しました。

-CMC Telecomは、ベトナム国営資金投資運営株式会社(SCIC)と協力し、CMC通信インフラ株式会社(CMC IT )を設立し、近代的な通信インフラを展開することを目標とし、お客様に高級なブロードバンドサービスを提供し、ICT活動でCMC TELECOMと密接に連携していました。

- CMC 技術グループ創立の15週年を記念しました。

2007年

-2007年7月2日に、親会社を株式化し、CMCは、正式にCMC技術グループ株式会社になり、CMC Corporationの英名を持ち、親会社及び個会社の管理職である13の創立株主がいました。

-2007年10 月に、CMCは、CMC商流株式会社 (CMC Distribution)を設立し、ITのコンポーネントと製品を提供していました。流通セクターへの事業の拡大は、CMCのIT市場における強み・規模を確定しました。

-2007年10 月にに、CMCは、CMC通信サービス株式会社(CMC Telecom)を設立する為、投資しました。CMCのIT業界での金融能力及び経験と通信市場の大きな戦略的なパートナーとの関係で、CMC Telecomは、近代的な技術に基づく先進の通信サービスを企業、施設、住宅団地へ提供する先頭になりました。

2006年

 

CMCはリストラを実施し、法的、金融、人的資源、戦略開発、ブランドの面で互いに密接に連携しているが業種別に専門化され、柔軟性を確保する企業システムになりました。その中で、CMC は親会社であり、所有・投資資本金を持ち、会員企業の活動の戦略を決めていました。CMCのリストラは、次の時代におけるCMCの拡大、定着的で強い成長のための戦略のステップです。リストラの当時、CMC は、IT業界で活躍する3社がありました。

CMSコンピュータ会社

CMCシステムインテグレータ会社

CMCソフトウェアソリューション会社

2005年

  • CMCは労働令、国家によるサードクラスを得ました。
  • CMCの品質管理システムがISO 9001-2000基準を合格しました。
  • CMCはMicrosoftのゴールドパートナーになりました。
  • CMC-コンピューターベトナムは10万台超えました。

2004年

  • eDocman はIT Week 13で、パッキングソフト-商用ソフトウェアとしてシルバーカップを得ました。
  • Thanh Giong連盟に参加し、手頃な値段でコンピューターを遠方で貧乏な地域に提供しました。

 

2003年

教育分野にCMSコンピュータを5000台以上提供しました。これは現時点まで、最もコンピュータ台数の多い案件でした。

2002年

  • CMCはベトナム全国で、ベトナム国銀行の債権管理ソリューションの実施できました。
  • CMCは税務庁とデータのコピー・保存システム等の財政分野の大規模な案件の実施できました。

2001年

  • CMCはIBMの販売代理店になりました。
  • CMCはベトナム国家図書館及びベトナム全国の公衆図書館にデジタル図書館システムを提供しました。
  • 財政業に広告インフラシステムを提供しました。

 

2000年

  • システム統合分野で、大規模ソリューション及びUnixサーバー用のIBMのソリューションパートナー(Solution Partner)になりました。
  • iLib 1.0の図書館管理ソフトウェアを発表しました。
  • RedHat Linux 6.2ベトナム版を発表しました。

1999年

CMCはThe Trungコンピューター株式会社(現在のCMSコンピューター会社の前社)をコンピューターの組立・販売部門から設立しました。

1998年

CMCが投資している分野の商品・サービスの規模拡大及び多様化とともに、システム統合室とソフトウェア開発室を拡大することによって、CMCはCMC-SIシステム統合センター及びCMC-Softソフトウェアソリューションセンターを設立しました。

1997年

  • Microsoft (MCSP)のソリューション販売者になりました。
  • CMCSoftはパッキングソフトe-Docmanソフトを発表しました。

1996年

CMCはシステム統合室(CMC-SI会社の前社)を設立し、先端な情報通信機器を提供したり、ソリューション作戦コンサルティングしたり、デジタル情報システム用の全体ソリューションを提供したり、教育及び技術展開のサービスを提供したりしました。同時に、CMCはソフトウェア開発室(CMC-Soft会社の前社)も設立し、国内外の企業、機関、組織へソフトウェアソリューション、サービスを開発・提供し、情報通信技術を効率向上及びプロセス改善の有効な手段にします。CMCはホーチミン市にある支社(CMC-SG)を設立しました。

1995年

HT&NT株式会社はCMCコンピューター通信株式会社と変名しました。

1994年

CMCはAcer商品の代理販売店になりました。

1993年

HT&NT株式会社(CMCグループの前社)が1993年5月26日に、情報通信技術への情熱で優秀なHa The Minh氏及びNguyen Trung Chinh氏により設立されました。

1991年

5千万ドンの最初の資本金で、ベトナム国技術院に付属するADCOMセンター(現在のCMCの前社)は自動化、制御、通信の分野に情報通信技術を応用する目的で誕生しました。